XPERIAのroot化について

(公開: 2010年8月19日 (木)
  このエントリーをはてなブックマークに追加  

このサイトでは意識的に専門的(技術的)なネタは避けてきたのですが、(マニアックなネタは好んで書きますが)
何件か質問が来ていたので、ちょっと記事にしてみたいと思います。
(とはいっても僕には技術的なバックボーンはまるで無し男なので、誤解釈・誤認識・誤字脱字はご容赦を。)

えっと、そもそもroot化(=root権限奪取、rooted)とは何ぞやと言いますと、
簡単に言うと、本来はdocomoが管理者権限を持っているXPERIAを、あなたが管理できるようになるということです。

root化していない(購入したままの)XPERIAはdocomoが管理者なので、docomoが決めたルールで使用しなければいけません。
例えば、フォントの指定、アンインストールができないアプリがある、シャッター音の指定などなど。
自分自身でカスタマイズできないのはdocomoが管理者権限を持っているからです。
それをroot化する事で、自分が管理者になるのでルールを自分で変更できるようになります。


スポンサードリンク



≪root化でできること(代表的なもの)≫

  • フォントの変更
  • rooted専用アプリが使用可能
  • プリインストールアプリの削除
  • シャッター音などの音源ファイルの変更
  • 自己満足感の充足


  • ≪root化のリスク≫

  • root化失敗で復旧不可能になる可能性がある
  • メーカー保証が無くなる
  • 全て自分で解決しなければならなくなる
  • docomoからのアップデート(OTA)等のサービスが受けれなくなる可能性がある
  • 普通じゃ満足できないカラダになっちゃった


  • まぁ、いろいろとググっていただければ、
    ワンタップでroot化できるアプリがあったり、完全にバックアップできるアプリがあったりして
    以前と比べると、root化の敷居は下がっているかとは思います。

    もし興味がある方は、自己責任のもとで試してみるのもいいかもしれません。
    ただ前にも書いてある通り、自分自身ですべて解決できる人でなければ止めた方が無難です。(というか、それが普通ですしね)


    え?僕ですか?
    僕は前も言った通り、事無かれ系草食中年男子なのでアブナイ橋は叩きすぎて壊しちゃうタイプなのですヾ(*´▽`*)ノ゛

     

    PR