英語力を伸ばすためにスピードラーニングを1年間続けてみた結果と感想

外資系企業への転職に限らず、英語力はどの会社でも必要とされる時代になってきました。とはいえ、英語学習法は世の中にあふれています。英会話教室、オンライン英会話サービス、通信講座的な英語学習サービスなどなど、どれを選んだらいいか悩んでしまいます。

実は僕、 スピードラーニング英語の全48巻を制覇しているわけですが、実際に効果の程はどうだったかを改めて検証してみたいと思います。ちなみにスピードラーニングの学習期間は1年。僕の場合は1ヶ月に4本まとめて送られてくる契約だったので、12ヶ月×4本=48巻という状況になります。

スポンサーリンク

スピードラーニングを開始した当初のスペック

・36歳
・大学生時代の語学レベルは英語5教科ですべて「可」(優・良・可・不可の4段階)
・海外旅行経験はアメリカ本土2回、ハワイ4回、メキシコ/香港/上海/スペイン/ドバイ各1回
・旅行中の会話は単語レベル。話しかけられると焦る。
・ヒアリングの方はぼんやりとなら理解できる。

スピードラーニングの音声を聞く環境

・自宅で何か作業しながら1日30分~60分程度。
・愛車のカーオーディオにはすべて録音済み。
・ドライブ中などに聞き流し。

できるだけ毎日、1時間ぐらいは聞くように心がけていました。

スピードラーニングを流し聞き始めて1ヵ月後の効果

同じCDを1週間も聞いていれば、話している英語の内容は分かるようになります。ただ、それが訳せるかどうかというのは別問題で、聞こえても理解できない単語は結局理解できません。英単語能力は普通に暗記した方がボキャブラリーの幅は広がります。

基本的にテキストは見なくてもいいとマニュアルには書いてあるのですが、何度かテキストも読み返しました。僕の場合は目と耳から情報が入ってきた方が習得しやすい感じなので個人的にはテキストがあってありがたかったです。

やっぱり日常生活に関連する内容だと聞こえるし理解しやすいですよね。

スピードラーニングを流し聞き始めて3ヵ月後の効果

この頃になるとすでに自宅には12巻ものスピードラーニングシリーズがあります。

全部聞いてはいたのですが、聞き取れるCDと聞き取れないCDというのも出てきました。1ヶ月目の項目にも書いたんですが、やっぱり日常生活に近いと理解しやすいです。

で、効果の程というと音声を聞くという行為が生活の中で不自然に感じなくなったというのが一番の変化のポイントだと思います。今まで生活の中に英語の音源を聞くという行為が無かったんですね。それを3ヶ月毎日やり続けたというのは1つの結果かなぁと。

スピードラーニングのウェブサイトの中にも、「100日間聞く習慣を付ける」というのが1つのポイントになっていますのでひとまずこれはこれで良いのかなと思っています。

もちろん、1ヶ月目よりは聞こえる英文は増えています。

スピードラーニングを流し聞き始めて半年後の効果

スピードラーニングを聞きはじめて4ヶ月目に家族でハワイ旅行に行ってきました。

ここで感じたのは、まぁ喋れないんですけど英語に動じなくなってたってことです。以前はレストランやショッピングモールとかで英語で話しかけられると構えてしまってオドオドと挙動不審になっていたのですが、英語に慣れていたおかげか、( ´_ゝ`)フーンという感じで対応できていたような気がします。日本人って結構、英語は聞けるけど喋れないし慌てるって人多いみたいですけど、慌てなくなるってのはすごい成果だと思いますよ。

スピードラーニングを聞きはじめて半年ぐらいからリッスン&リピートというイベントに行くようになりました。このリッスン&リピートはスピードラーニングを提供しているエスプリラインが主催するイベントでネイティブの外国人たちとカフェ形式でお喋りする形式になっています。

このイベントは基本的に日本語禁止で、ネイティブの外国人も参加者(日本人)も全部英語でコミュニケーションを取ります。で、やっぱり聞けてるんですけど、なんて言ったらいいのかわからないというなんともいえないやるせなさを実感します。でも、喋るというのも経験を積んでできるようになるので、このようなイベントには積極的に参加することをお薦めします。

スピードラーニングを流し聞き始めて1年後の効果

英語に対するブロックはかなり解消できたような気がします。

僕は英語は慣れだと思っていて、喋りたいのであれば喋るトレーニングを積む必要があると思います。だから聞き流すだけではなくて、聞きながらモゴモゴと口ずさんだり、英語をしゃべるイベントに積極的に参加したりして、とにかく英語を口に出すことが、英語習得の一番の近道だと思います。

じゃあスピードラーニングが意味ないかというと、まったくそんなことはなくてやっぱり聴き続けていると英語耳になるんですよ。で、さっきも書いた通り、英語にビビらなくなります。これって大切なことです。

だから、スピードラーニングで耳を慣らし、エスプリラインさんが提供する「英語を話せる環境」を最大限利用する。リッスン&リピートはスピードラーニングを利用している人しか参加できませんので少人数でたくさん英語の練習ができるわけです。

音声とリアルイベントを上手に活用して、英語の上達を目指すのがスピードラーニングの一番の活用法だと思いますよ。

結局スピードラーニングは買いなのか?

all

「基本的には買いだけど、全巻揃える必要はないかな」

というのが正直な感想です。

理由としてはシンプルで、要は48巻も聞けないんですよ。ただ、2~3巻だとすぐ飽きるので12巻(1年分)ぐらいはあった方が良いかと。まぁ、1巻が飲み1回分の値段程度ですからね。

で、数ヶ月耳を慣らした後にやった方がいいのが、

英語の音声が流れた後にブツブツと復唱してみるということ。

自然と英語が口から出てくるというのは個人差があるのでなんとも言えないですが、自分でワンフレーズでもツーフレーズでも意識して口に出すことは自分の意志で行うことができます。これを少しずつ続ければ、1年間で相当のトレーニング量になります。

そして1年やる必要があると思った理由がもう一つあります。

それは周辺サービスを有効に活用する必要があるということ。

確かに半年もスピードラーニングのCDを聴いていれば、ある程度ヒアリングはできるようになります。ただ、喋れるようになるにはやっぱり人と話すトレーニングが必要なんですよ。

その機会としてスピードラーニングが提供している、ネイティブの外国人とのスピーキングイベント「イングリッシュ・カフェ」が有って、教材を取り寄せている期間はこのイングリッシュ・カフェに参加できるんです。

このサービスを最大限活用することにより、英会話能力を向上させることができるわけです。この英会話イベントを1年も利用していれば、それなりの英語力を身につけられると思います。

個人的にスピードラーニングで一番良かった点は、英語や外国人との会話に慣れることでビビらなくなるというところです。焦ってしまうと何を言っているのかさらに分からなくなってしまいますが、耳を慣らしておくことである程度落ち着いて対応できるようになります。所詮、人間の話す言語ですからね。
 

この記事を読んで興味が湧いた人は公式サイトを覗いてみてください。→スピードラーニング公式サイト

まずは無料の試聴用CDを聞いてみて、自分に合わない場合は商品到着後10日以内であれば返品(返送料はスピードラーニング負担)可能で費用は一切かかりません。気軽に試してみるだけでもいいかもしれないですね。

こんな記事も読まれてます

他にこんな記事も読まれています
スポンサーリンク

シェアする