退職願と退職届、辞表の違いってなに?

会社を退職する際に使用する書類に「退職願」、「退職届」、「辞表」の3種類があります。これらの書類の意味って一緒でしょうか。いえいえ、それぞれ違いがあります。この記事では「退職願」、「退職届」、「辞表」の違いや使い分け方法について解説します。

スポンサーリンク

退職願とは

退職願とは

会社に対して自ら雇用契約の解約を願い出る(申し込む)ための書類です。会社がこの退職願を承諾することによって、退職(解約)が認められます。ただ退職願を出した時点では、退職の同意となりません。なお、会社が承諾するまでは退職の意志を撤回することも可能です。

退職届とは

退職届とは

会社への最終的な意思表示となり、退職届が受理されること=退職となります。上司や人事が了承済みの際に提出する書類であり、会社によっては指定のテンプレートがある場合もあります。なお、退職願と異なり、退職届提出後は、特別な事情がない限り退職意思の撤回をすることはできません。

辞表とは

辞表とは

役員クラスの役職者(または公務員)が辞める際に使用する書類です。会社によっては部長や課長クラスの役職者が使う場合もあります。退職願の用途は、従業員が使用者に対して退職(雇用契約の解約)を申し出る書類となりますので、使用者側が退職を申し出る場合は、退職願ではなく辞表を使用します。

こんな記事も読まれてます

他にこんな記事も読まれています
スポンサーリンク

シェアする