グループワーク・グループディスカッションの対策・事前準備

協力!
前回の項目でグループワーク・グループディスカッションの概要を説明しましたが今回は、対策法を述べていきたいと思います。

前回の記事で書いたように、グループワークはチームワーク力を見る選考方法です。みんなで通過できるようにがんばる事で、良い結果が生まれます。

では、本題のグループワーク対策です。

スポンサーリンク

1.自分自身の注意点

◇ゆっくりと大きな声で話す。
◇笑顔で全員にむかって話す。
◇論理的に簡潔に話す。

すごく簡単な事のように見えますが、意外と全部できている人は少ないです。どうしてもたくさんの意見を言いたいが故に早口になったり、長々と話してしまう人が多かったり、緊張のあまり小さい声になってしまったり、まったく笑顔のない人もいます。ですので、この3点ができているだけで、充分評価に繋がります。

また、グループワークをやる事があらかじめわかっていたら、当日は早めに選考会場に行きましょう。なぜならば、同じ班の人と一緒に待たされる事が多いからです。この待ち時間で仲良くなっておくと、グループワークでの会話もスムーズになります。

一般的にはグループワークの最初にお互い挨拶しますが、ここで大きな声で明るく挨拶をすると選考官にも好印象ですし、自分自身にリズムが生まれます。

2.他のメンバーを支援する

◇発言者の顔を見てうなずく

真剣に話を聴いてくれる人がいたら、誰でも話しやすくなります。その結果、グループ全体の雰囲気が良くなり、活発な意見が生まれます。

◇メンバーの意見を褒める

うなづく事と同様に、グループの雰囲気が向上します。褒められて嫌な気になる人はいないからです。

◇発言の少ない人に話を振る

グループ全体が見えていないと、なかなかできない事です。みんな自分が目立ちたいと思っている中で、メンバーに気を配れるというのは評価されます。

◇それた議論を元に戻す

大人数での話し合いは脇道に逸れやすい傾向があります。しっかりとテーマを頭の中に入れて、ワークや議論をコントロールできれば、論理性や統率力のアピールになります。

◇時間管理をする

議論に夢中になると時間管理がおろそかになり、結論が出せないことがあります。社会人とは、決められた時間内に結果を出す必要があります。ぜひ、時間管理をして結論を出すことにこだわってください。

 
この、他のメンバーを支援するという事ができる人は多くありません。逆に考えると、これができるだけで他の応募者との差別化が図れます。自分の発言は、≪制限時間÷人数≫の時間内に元気に、論理的に話し、残りの時間はメンバーのフォローに使えば、選考官も「この応募者は一味違うな」と感じるはずです。

参考1

「司会・リーダーはやった方が有利か?」

意見をまとめられ、時間内に結論まで持って行ける自信があれば、間違いなくやった方がいいです。ただ、意見をまとめられずに結論が出なければ、間違いなく評価が下がります。リーダーをやらなければ落ちるというわけではないので、自分の適性やメンバー構成を踏まえて、どうするか決めた方がいいと思います。

個人的には、影のリーダーとして、司会者をフォローする立場が一番オイシイかと思います。

参考2

「履歴書・エントリーシートの自己PRを思い出して」

自己PRに「積極性がある」と書いていながら、まったく発言がないと、採用担当は「本当に自己分析ができているのだろうか」と思ってしまいます。同様に「協調性がある」と書いておきながら自分本位の行動だと・・・。

グループワークだと、素の自分が出てしまう事が多いですので、書類に書いた内容や、マナーなどを気を付けて選考に臨んでください。

こんな記事も読まれてます

他にこんな記事も読まれています
スポンサーリンク

シェアする