挨拶状や添え状の導入部に使える時候(季節)の挨拶

添え状や挨拶状の冒頭に入れる、時候(季節)の挨拶をまとめておきますので参考にしてください。

この季節の挨拶を用いて、添え状を書き始めます。
 

※例:拝啓(改行) 早春の候、貴社ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。
 

と、各月の挨拶に合わせて冒頭の挨拶を変えるわけですが、ここで一つ、面倒臭がりの方に耳より情報です。なんと、「○○の候」という言葉は、「時下」という単語で1年中代用できます。
 

※例:拝啓(改行) 時下、貴社ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。
 

時下というのは「今」をあらわしますので、いつでも大丈夫なのです。各月ごとの挨拶でも、時下でもどちらでも特に問題ありませんので、お好みの文章を使っていただければと思います。

スポンサーリンク

時候の挨拶12ヶ月分

1月
厳冬の候

2月
余寒の候

3月
早春の候

4月
春暖の候

5月
新緑の候

6月
初夏の候

7月
盛夏の候

8月
残暑の候

9月
初秋の候

10月
秋冷の候

11月
向寒の候

12月
寒冷の候

スポンサーリンク

シェアする