応募書類(履歴書・エントリーシート・職務経歴書など)の重要性

応募書類
就職活動において必ず必要な事は応募書類を作成することです。なぜ応募書類を作るのかというと、「面接の機会を得る」ために作成するのです。

現在の状況は、求人数よりも求職者の方が上回っており、企業側の方が優位な立場にあります。応募が多数という事は、面接の前に書類で一次選考を行う企業が増えているという事です。いくら人間性が優れていても、書類選考で落とされていてはそれを伝える事はできません。

したがって、応募書類は企業の採用担当者に「会いたい」と思わせる事が重要になってきます。単に学歴や職歴等を並べるだけでなく、自分自身の魅力やスキル、また何がしたいかということをアピールしていく必要があるのです。

スポンサーリンク

応募書類の種類

1.添え状・挨拶状

ビジネス文書として、送付する書類の内容・目的を伝える書類です。単なる挨拶だけでなく、熱意を込めた内容が良いでしょう。新卒の就職活動でも、社会人としてのマナーを持っている事をアピールするために作成することをオススメします。

2.履歴書・エントリーシート

氏名・住所・年齢・学歴・職歴・顏写真・資格・志望動機・自己PR等の基礎データを記載する書類です。市販の履歴書でも問題ありませんが、自己PRや志望動機などのスペースが小さいため、ワード等で自作している方も多いです。

エントリーシートは、特に新卒の就職活動で多く使われており、各企業ごとに重要視している項目の箇所が大きくなっています。

3.職務経歴書・自己紹介書

市販の履歴書では職歴やスキル等の企業側としても知りたい情報が入らないため、別途、職務経歴書を提出させる事が一般的です。逆に応募者側としては、自分の強みやアピールしたい点を盛り込んで作成できる書類でもあります。

新卒の学生は特に必要ありませんが、場合によっては自己紹介書を作って、履歴書やエントリーシートでは入りきらなかった情報を記載しても良いかと思います。

こんな記事も読まれてます

他にこんな記事も読まれています
スポンサーリンク

シェアする