採用担当者が魅力的に感じる志望動機とは

志望動機とは
志望動機とは自己分析の項目でも書きましたが、相手のいい所を見つけて伝える事です。

ここで重要な事は、企業毎に異なった強みや良い所を見つけ出していく事です。そこで、自己分析で抽出した、「自分の得意な事」が活かせるか、「やりたい事」ができそうか判断していくわけです。

自己分析と志望動機の内容がマッチしないと、話の内容に説得力が生まれません。

例えば、「御社の〇〇なところに惹かれ志望いたしました。」 という志望動機と、「私の強みは(自己紹介でお話したように)〇〇です。御社の××という業務に、私の〇〇が活かせ、御社に貢献できると考え志望いたしました。」という志望動機では、後者の方が説得力が強いと感じますよね。

あなたを主語にして志望動機を作る事で、主体性が感じられ、あなた独自の志望動機となるわけです。

そして、作り上げた志望動機の内容に磨きをかけたり、面接時の会話を上達させるのは実践が一番です

企業側には悪いですが、いろいろな業種のいろいろな会社を見る・受ける事で、マナーや話し方、話す内容が磨かれますし、視野が広がる事で企業の比較・それぞれの強みや違いが分かるようになります。そこで感じた事を、また志望動機に盛り込んでいけばいいわけです。

特に新卒の場合、社会勉強も含めて多くの会社を訪問してみるといいかもしれないですね。

こんな記事も読まれてます

他にこんな記事も読まれています
スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク